セキュリティーのプロテクタスタッフが日々の業務で感じたことや思ったことをリレーで日記を書きます。


by protecta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

トントント~ン♪

ヨロブン(皆様)オットケチネシムニカ?(いかがお過ごしですか)?

初回にソウルでの昔話を書いて、社長さんに「大山さんイボ痔かよ~」と大笑いされてしまった私、いえあの、そういう疾患はございませんが(苦笑)、他所の国の言葉はおかしなふうに聞こえることがありまして、今日はその話の続きをさせていただきます。
ある日の授業中、若くて可愛らしい女の先生が「チェガ(私は)ウンチエヨ(です)」とおっしゃいました!
「はっ?今、何と?」
はい、正確にはumchiで、音痴のことだったんですけど、アッタシにはそうとしか(苦笑)
実はこの「」が曲者でして、韓国の方は「n」・「m」・「ng」と、明確に区別なさるのですが、私たちには中々難しい。それで、あるんですよ、
私たちの発した音がとんでもなく聞こえてしまうことが!
それが「トン(ton=お金)」!
トニ(お金が)イッソヨ(あります)、オプソヨ(ありません)」と言えば何の問題もないですけれど、
単独で「トン」と発した場合、私たちの口の開け方では(ttong)となってしまい、上記三文字に聞こえてしまうそうなんです!
ってことは?「トントント~ン♪」と唄った日にゃあ「ババの三連発」ってことですよね?それを聞いたらさあ大変、早速夫に言わなくちゃ!

「お父さん、カラオケで与作は止めたほうがいいわよ、こーゆう訳だから」
「ほぉお」と頷く夫。
その曖昧な表情から、さてはもう唄ったぁ?と訝る私に
「そういうことならお前の『ちょっと待って』も相当危ないぞ」と言い出しまして。

そうそう、この何気なく発するフレーズ、赴任早々「お使いにならない方が」と言われて気をつけていたんです。でも意味がわからなくて、どう聞こえるのかずっと気になっていました。
それをこの夜の日韓交流(早い話が飲み会)に勤しむ夫は聞きつけてくれたようです。(ったくこの人のハングルは変なことばかり。なのによく通じることがある、という話はまたということで)

「で?どう聞こえてるの?」
「それがなぁ、どうやら○×#△××&%@*ということらしい・・・」
・・・・・?・・・・・?ふんぎゃぁ!
○×#△××&%@*って・・・そんなぁ~(注:ここには書けません)
それはいけない、絶対にいけないわ!そりゃ周りの韓国人も困った顔をなさるはず。
どこで何回ぐらい言ってしまったかを頭の中でグルグルさせながら、
「わかった、もう言わない、気をつける。これからは『チャンカンマン(しばし)』、これね、これを言うようにします」と固く決意した私でありました。

皆様、ご旅行やビジネスで韓国へお出かけの節は、ご同行の方とお打ち合わせて
チャンカンマン(=just a moment)」をどうぞお使い下さいませ。
」をつけると丁寧になりますから「チャンカンマンヨ~」、これで完璧です。
特に女性の方は、街中で「ちょっと待ってー!」と大声でお叫びになるのだけはおよしになっていただきたいですぅ。
男性の皆様、面白がって使うとセクハラになりまっせー。

それでは皆様、アニョンヒケセヨ!(ごきげんよう=さようなら)(^_^)/~
[PR]
by protecta | 2007-06-23 13:33