セキュリティーのプロテクタスタッフが日々の業務で感じたことや思ったことをリレーで日記を書きます。


by protecta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ハングル ( 2 ) タグの人気記事

トントント~ン♪

ヨロブン(皆様)オットケチネシムニカ?(いかがお過ごしですか)?

初回にソウルでの昔話を書いて、社長さんに「大山さんイボ痔かよ~」と大笑いされてしまった私、いえあの、そういう疾患はございませんが(苦笑)、他所の国の言葉はおかしなふうに聞こえることがありまして、今日はその話の続きをさせていただきます。
ある日の授業中、若くて可愛らしい女の先生が「チェガ(私は)ウンチエヨ(です)」とおっしゃいました!
「はっ?今、何と?」
はい、正確にはumchiで、音痴のことだったんですけど、アッタシにはそうとしか(苦笑)
実はこの「」が曲者でして、韓国の方は「n」・「m」・「ng」と、明確に区別なさるのですが、私たちには中々難しい。それで、あるんですよ、
私たちの発した音がとんでもなく聞こえてしまうことが!
それが「トン(ton=お金)」!
トニ(お金が)イッソヨ(あります)、オプソヨ(ありません)」と言えば何の問題もないですけれど、
単独で「トン」と発した場合、私たちの口の開け方では(ttong)となってしまい、上記三文字に聞こえてしまうそうなんです!
ってことは?「トントント~ン♪」と唄った日にゃあ「ババの三連発」ってことですよね?それを聞いたらさあ大変、早速夫に言わなくちゃ!

「お父さん、カラオケで与作は止めたほうがいいわよ、こーゆう訳だから」
「ほぉお」と頷く夫。
その曖昧な表情から、さてはもう唄ったぁ?と訝る私に
「そういうことならお前の『ちょっと待って』も相当危ないぞ」と言い出しまして。

そうそう、この何気なく発するフレーズ、赴任早々「お使いにならない方が」と言われて気をつけていたんです。でも意味がわからなくて、どう聞こえるのかずっと気になっていました。
それをこの夜の日韓交流(早い話が飲み会)に勤しむ夫は聞きつけてくれたようです。(ったくこの人のハングルは変なことばかり。なのによく通じることがある、という話はまたということで)

「で?どう聞こえてるの?」
「それがなぁ、どうやら○×#△××&%@*ということらしい・・・」
・・・・・?・・・・・?ふんぎゃぁ!
○×#△××&%@*って・・・そんなぁ~(注:ここには書けません)
それはいけない、絶対にいけないわ!そりゃ周りの韓国人も困った顔をなさるはず。
どこで何回ぐらい言ってしまったかを頭の中でグルグルさせながら、
「わかった、もう言わない、気をつける。これからは『チャンカンマン(しばし)』、これね、これを言うようにします」と固く決意した私でありました。

皆様、ご旅行やビジネスで韓国へお出かけの節は、ご同行の方とお打ち合わせて
チャンカンマン(=just a moment)」をどうぞお使い下さいませ。
」をつけると丁寧になりますから「チャンカンマンヨ~」、これで完璧です。
特に女性の方は、街中で「ちょっと待ってー!」と大声でお叫びになるのだけはおよしになっていただきたいですぅ。
男性の皆様、面白がって使うとセクハラになりまっせー。

それでは皆様、アニョンヒケセヨ!(ごきげんよう=さようなら)(^_^)/~
[PR]
by protecta | 2007-06-23 13:33

4番手、大山です!

ヨロブン(皆さん)アンニョハシムニカ?(こんにちは!)

この程息子の車にセキュリティーを装着し、めでたく「パンテーラユーザー」になった大山です。これでホッとしました。最近友人の娘さんや息子さんの車が盗まれたり車上荒らしに遭ったりしていますので、ここはパンテーラしかない!と思い切った次第です。やはりいいですねぇ。キーレス連動で操作も簡単!これならビギナーの息子でも楽々使いこなせます。あー良かった!

おめでたついでに、初登板ということでお名刺代わりの昔話をひとつ。
もう10年以上前になりますが、夫の赴任で3年間をソウルで暮らし、折角だからと延世(ヨンセ)大学の語学堂(オハクタン)に通ってハングルを習いました。このハングル、今でこそ日本のあちこちで聞かれますが、当時は全くと言っていいほど馴染みがなくて、本当に苦労しました。
何しろ知識がゼロですから、「アボジ」と聞いて「いぼ痔?切れ痔?」が浮かぶような、不謹慎ですがそんな感じで、デパートでは綺麗なお姉さんが「モッコリ、モッコリ」を連呼するので呆気にとられたりしていました。モッコリはネックレス(首飾り)のことでしたが・・・。

忘れもしません、語学堂での最初の授業はKORIAN1で英語のテキスト。まずはご挨拶から、
Good morning!「アンニョハシムニカ?」
Good afternoon!「アンニョハシムニカ?」
Good evening!「アンニョハシムニカ?」 
みんな同じかい!!って突っ込んでしまいましたよ。はい、朝から晩まで「アンニョハシムニカ?」(笑)顔見知りなら「アニョハセヨー」でOKですから有難いです。

まあ、そんなこんなでも一応チョロプセン(卒業生)なので、最後にその辺の韓流マダムとはちょっと違うわよ、というところをお見せしたかったのですが、アイゴー、忘れてる~。仕方ない、理屈だけこねましょう。

「『さよなら』って二つあるよねぇ」とよく聞かれます。はい「アンニョンヒ ケセヨ」と「アンニョンヒ ガセヨ」は立ち去る人がケセヨと言い、見送る人がカ(ガ)セヨを使います。でも、ハングルには友人同士のパンマル(タメ口)というのがあって、子供言葉でちょっと可愛いので使ってみますね。最近はご存知の方も多いと思います。
アンニョン!(^_^)/~(バイバイ) 可愛いでしょ?

ではプロテクタオンラインショップチャル ブタッケヨ(宜しくお願いします)って、初心者じゃん!
チョンマル(本当に)シルレー(失礼)ヘッスムニダ(しました) クッ(おしまい)(*^_^*)
[PR]
by protecta | 2007-04-23 19:30 | カーセキュリティー